« 「基本と原則」の重要性 ドラッカー(1) | トップページ | 新たな挑戦 ドラッカー(3) »

2013年8月 9日 (金)

成果をあげる責任あるマネジメント ドラッカー(2)

★メモ:
マネジメントの「使命、目的、役割」から入る。


成果をあげる責任あるマネジメント」こそ全体主義に代わるものであり、われわれを全体主義から守る唯一の手立てである。

本書は

①マネジメントの使命、目的、役割から入る。
マネジメントを外から見、その課題にいかなる次元があり、それぞれの次元において何が要求されるかを見る。

②しかる後に、マネジメントの組織と仕事を見る。

③さらにトップマネジメントと戦略を見る。

本書の動機と目的は、今日と明日のマネジメントをして成果をあげさせること。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「基本と原則」の重要性 ドラッカー(1) | トップページ | 新たな挑戦 ドラッカー(3) »

ドラッカー」カテゴリの記事

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成果をあげる責任あるマネジメント ドラッカー(2):

« 「基本と原則」の重要性 ドラッカー(1) | トップページ | 新たな挑戦 ドラッカー(3) »