« ■2 企業とは何か | トップページ | ハーバード式交渉術の特性 »

2012年11月 3日 (土)

2種類の戦略的相互作用

交互行動ゲーム:ex.チャーリー・ブラウン

プレーヤーが交互に判断し、行動するもの。
今自分がどういう行動をとれば相手がどんな手で応じてくるか、さらにそれに対し自分はどう対応するかというように先を読まなければならない

同時進行ゲーム:ex.囚人のジレンマ

プレーヤーは相手の次の行動を知らないまま、それぞれに意思決定する。
各プレーヤーは他にプレーヤーがいること、そして、他のプレーヤーがこちらの存在を知っていることもわかっている。

各プレーヤーは他人の立場に身を置いて考え、結果を推量しなくてはならない。

フットボールのように①②の両面をもったゲームもある。

ゲーム理論(エール大学)

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« ■2 企業とは何か | トップページ | ハーバード式交渉術の特性 »

ゲーム理論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2種類の戦略的相互作用:

« ■2 企業とは何か | トップページ | ハーバード式交渉術の特性 »