« 当該産業の競争状況の中でのポジショニング | トップページ | (競争要因の)バランスに影響を与える »

2012年11月11日 (日)

会社の(産業における)ポジショニング

既存の産業構造に会社の強みと弱みをマッチさせ、競争要因に対して最も防御できるポジションに会社をおく。

競争要因に対する防御の構築。
最も要因が弱いポジションを探す
・ 会社の能力と競争要因を理解することにより、競争すべきエリア(勝てるエリア)と競争を回避すべきエリア(勝てないエリア)を明らかにする。

ex.ドクターペッパーの例
ソフトドリンク業界の参入障壁:①ブランド、②大規模マーケティング、③ボトラーネットワークの利用。

 最大販売飲料セグメント(コーラ飲料)の回避(競争回避)

 特定風味の少数ラインの維持(製品差別化)
製品ラインでの競争回避

 異なった風味を利用し、全てのラインを稼動させたいコークとペプシのボトラーに相乗り(参入障壁の回避)
流通における競争回避

 唯一の風味の独自性を強調する強力な宣伝(ブランドと顧客ロイヤルティの確立)
マーケティングで競争

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 当該産業の競争状況の中でのポジショニング | トップページ | (競争要因の)バランスに影響を与える »

マイケル・ポーター」カテゴリの記事

競争戦略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132655/56093215

この記事へのトラックバック一覧です: 会社の(産業における)ポジショニング:

« 当該産業の競争状況の中でのポジショニング | トップページ | (競争要因の)バランスに影響を与える »