« ゲーム理論の目的と活用 | トップページ | 産業における競争状況を規定する5つの要因 »

2012年10月28日 (日)

マネジメントの位置づけ

転換期にあって重要なことは、変わらざるもの、すなわち基本と原則を確認すること。

本書が論じているもの、主題としているもの、目的としているものが、それら変わらざるものでる。

①マネジメントには基本とすべきもの、原則とすべきものがある。
②それらの基本と原則は、それぞれの企業、政府機関、NPOの置かれた国、文化状況に応じて適用していかなければならない。
③基本と原則に反するものは、例外なく時を経ず破綻する。

基本と原則は、状況に応じて適用すべきものではあっても、断じて破棄してはならないものである。
国として、発展途上国なる国は存在せず、存在するのはマネジメントが発展途上段階にある国だけ。

ドラッカー マネジメント

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪シンプラル法律事務所(弁護士川村真文)

|

« ゲーム理論の目的と活用 | トップページ | 産業における競争状況を規定する5つの要因 »

ドラッカー」カテゴリの記事

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マネジメントの位置づけ:

« ゲーム理論の目的と活用 | トップページ | 産業における競争状況を規定する5つの要因 »